スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.09.22 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    伝説のフランクフルト

    0
      フランク.jpg

      お疲れ様です〜(かとちゃん風) じゃんだらボーイズのcargoです

       

       

      久しぶりのブログですが、「じゃんだらグルメ」ということで、「道の駅つくで手作り村」のフランクフルトを紹介したいと思います

       

       

      無類のジャンキーな私は、遠出すると、必ずといっていいほどご当地のジャンクフードを食す人間人です

      やっぱりフランクフルトですね。フランクフルトが大好きなんです

      コンビニ、高速のSA・PA、道の駅等々で食べ尽してまして、市役所フランクフルト界の巨匠と勝手に自負しているところです

       

       

      このフランクフルトと出会ったのは、ちょうど二年前の「ツールド三河湖」のこと

      自転車乗りとしては、ビギナー中のビギナーでありましたが、愛車のロードバイクで、初めての自転車大会に参戦

      職場の同僚とともに80キロのスポーツコースにエントリーしました

       

      当日は晴れ、残暑厳しい日でした

      スタートのおかざき世界子ども美術博物館を出発

      丁度30キロ位走ったところでしょうか。くらがり渓谷を通過、田原坂の急坂を登りきり、一転下り坂を猛スピードで下り、見えたのは、エイドステーションの道の駅でした

       

      ふらふらで消耗し、意識朦朧であった私は、水分とカロリーを補給しようと、自転車を降りました

       

      すこし歩くと、モウモウと煙が立ち込める店を発見

      目を凝らすと、な、なんとフランクフルトを焼いているではありませんか

      無意識のままに、財布からお金を取り出し、フランクフルト350円を購入

       

       

      炙られて黒光り、ピンと張りある表皮、武骨で反り返った風貌は、うまいフランクフルトの3要素を満たしている・・・・・・

       

       

      これはうまそ〜〜だ

       

      「あんぐっ!」 

       

      「ドピュ〜ッ!!」

       

       

      かぶりついたその瞬間、とある液体が・・・

       

       

       

       

      肉汁、肉汁です

       

       

      肉汁が飛び散り驚いたのと同時に、その瞬間、脳裏に猪木の延髄切りを食らったような衝撃(推定)が・・・

       

       

       

      なっ、なんじゃこらぁ〜〜〜!(松田優作殉職シーン)

       

       

      フランクフルトというよりこいつは肉・・・肉だ・・・

      ううっ・・・うまい〜〜なんてうまいんだ〜〜〜

      こんなうまいフランクフルトがこの世に存在を・・・・・・・・

       

       

       

      一瞬で平らげ、恍惚としていると、

       

      職場の同僚から出発すると声をかけられ、

      後ろ髪を引かれる思いで、この道の駅を後にすることになりました

       

       

       

       

      あの時の衝撃は一体・・・あれは、自分が消耗していたからなのか・・・心に楔を打たれたまま、1年半が経過

      もちろん、この1年半の間にも、数あるフランクフルトを食べ続けましたが、やはりあの衝撃に出会うことはありませんでした

       

      そしてしばらくして、安城市市制施行60周年記念イベント「じゃんだら輪」の開催が決定

       

      ルートの下見に出かけたある日、エキスパートコースのエイドステーション候補地に到着しました

       

       

      こ、この場所には・・・以前来たことが・・・

       

      少しずつ、少しずつ、走馬灯のように過去の記憶が蘇り

       

       

      この道の駅は・・・あっ、あの道の駅だ・・・

       

      車を降り、回りを見渡すと、煙の立ち込める一軒の店が・・・・

       

      あった、ありましたよ

      一目散に店の前へ

       

       

      ここだっ・・・この店だ!店では

      店員さんがフランクフルトを・・・さっそく、フランクフルトを注文

       

      「ちょっと時間かかるよ〜」

       

       

       

      あの衝撃は一体全体真実なのか・・・

       

      ほんの少しの時間が、なんと長く感じることか・・・・

       

       

      ヤッた!、フランクフルトが完成!

       

      店員さんが焼いた渾身の一本を手に取りながら、目を瞑り、心を鎮め

       

      深呼吸し、フランクフルトに・・・・

       

       

      「あんぐっ!」

       

       

      「ドピュ〜ッ!!」

       

       

       

       

      やっぱり肉汁が・・・・

      と同時に、あっあの衝撃が・・・キタ〜〜〜〜っ(_;)

       

       

       

      私の瞼に、熱いものが、熱いものが・・・・・

       

      涙が・・・涙が・・・あふれる涙が止まりません・・・(かとちゃん風)

       

       

      かつて、やむをえず別れた女性と再会したような・・・・「伝説のフランクフルト」に再度出会えた感動が全身を駆け巡りました

       

       

      究極・・・至高・・・king of kings・・・

       

       

      どんな賛辞もあてはまりません・・・・

       

       

       

       

      「じゃんだら輪」に参加されるみなさん、特にエキスパートコースに参加されるみなさん、エイドステションで道の駅に寄った際は、ぜひぜひ、このフランクフルトを賞味してみては

       

      うまいです うまいですよ・・・

       

      普通のフランクフルト1本350

      でもね、「もっと大きいのがいい」という人は、ジャンボフランク(500円)がおすすめです

      さらに、スーパージャンボフランク(800円)もあるみたいですよ

       

       

      ただし、食べる時の注意事項を一つだけ・・・

       

      「かぶりつく前に、あご、顔を突き出し、腰を引くこと」

       

      ノーガードでかぶりつくと、

       

       

      「ドピュ〜ッ!!」

       

       

      あの肉汁が・・・みなさんのカッコいいウェアに飛び散っちゃいますよ

      ロードがほしい

      0
        DSCF7397.JPG
        はじめまして、じゃんだらブロガー第5の刺客、じゃんだらボーイズのcargoです。

        生まれてはじめてのブログで、何を書いていいのかよくわかりませんが、よろしくお願いします。

        まず、はじめにワタシの自転車・相棒紹介です。
        クロスバイク「tokyo bike26」です。安物ですが、ほとんど毎日、自転車通勤で使っています。

        ふりかえると、自転車通勤を始めて、2年以上が経ちます。
        始めたときは、続かないんだろうなという思いから、安物を買ってしまいましたが、これが何と2年以上も続いてしまいました。

        クロスバイクでも、ちょっといい自転車って、本当にママチャリとは乗り味が違うんですよね。家から職場まで片道約8キロありますが、ママチャリだったら、とてもじゃないですが、続かなかったでしょう。
        じゃんだら輪に参加される人の多くは、ロードやクロスバイクを持っている人ばかりだと思いますが、ママチャリしか乗ったことのないような人は、ぜひ、クロスバイクやロードバイクみたいにすこしいい自転車に乗ってみてください。

        ちなみに私は、現在ロードバイクは持っていません。
        まわりの人がロードバイクを持っているので、話を聞くと欲しくなりますね。
        堅気な私は、買うなら、絶対に洋物でなく和物ですね。○リヂストンの○ンカーかなと思ってます。

        実は密かに画策していることがあります。
        以前、職場の若手で、じゃんだらブロガー第4の男、K藤くんが自転車を始めようか迷っている時があったようです。そのとき、じゃんだらブロガー第2の男で、気前のよい職場の上司yottonさんから、昔乗っていたロードバイクをもらえたそうです。
        今私も、毎日職場のyottonさんの前で迷ったそぶりをしています。
        もしかして、yottonさんが、今乗っている「○annondale」をもらえるんじゃないかとちょっぴり期待している今日この頃です。
        | 1/1PAGES |