スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.09.22 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    参加者のみなさん、松平の地元のみなさんご協力ありがとうございました。

    0
      MATUDAIRA.jpg
       こんにちは、tsuTtsu(ツッツ)です。わたしは、昨日のじゃんだら輪では、スタッフとして松平エイドステーションにいました。参加者のみなさん、松平の地元のみなさん、スタッフのみなさんご協力ありがとうございました。

       松平の地元のみなさんも、五平餅やフランクフルト、かき氷のお店を出してもらって、大いに賑わいました。今回はじめて、スタッフをやらせてもらって、サイクルイベントの成功には、たくさんの人たちの協力が必要なんだなとつくづく感じました。

       エイドの入り口がちょうどコースの坂を下って行く途中なので、「ここがエイド?」と、少々わかりくいと感じた人もいたと思います。大きな看板とか旗とかあったらよかったかなと思います。(次回があるかどうかもわかりませんが)取り急ぎ、ご協力いただいたみなさんありがとうございました。

      ツール・ド・おおきなわな?

      0
        mybike.jpg
        こんばんは、tsuTtsuです。あまりサイクルイベントに出たことがない私ですが、今日は、以前参加したツール・ド・おきなわ2009について書こうと思います。

        hidetyさんの誘いもあり、無謀にも189kmのサイクリング部門にエントリーしてしまいました。レース部門では、チェックポイントを規定時間以内に通過しないと切られてしまいますが、サイクリング部門なら最後まで走れると聞いたからです。

        序盤は、沖縄のきれいな海を見ながら、快調に飛ばします。ただ、サイクリングと言っても、とても会話しながら走るスピードではありません。まるで、レースじゃないかと思うほどでした。また、斜め向かいの海風が強いなとも感じました。トンネルに入ると風が凝縮されてかなりきつくなります。

        途中のエイドステーションでは、サーターアンダギーやバナナが食べ放題で、太ってしまいそうでした。
        昼休憩の中間点が近づくと、急な登り坂になり、車列はダンゴ状態に!20メートルぐらい前では、落車も起こっていました。落車は避けましたが、どこまでも続く坂道にとうとう歩いてしまいました。

        昼休憩後、後半が始まるとすぐ、壁のような激坂でした。海岸沿いを走るものと思っていましたので、道路の両側とも高い木々で囲まれ「ここは沖縄なのか。本州の森の中と変わらないじゃないか。」と思いました。

        途中の休憩所では、談笑しているグループがいくつかありましたが、私には余裕がありません。10分程度休んですぐ出発です。激坂の登り下りを繰り返しているうちに、前後にだれも見えなくなってしまいました。「あんな大軍で出発したのに、みんなどこへ行ってしまったのか、大会は続いているのか。」と、わなにはまったような不安を覚えました。

        しばらくすると、その理由がわかりました。レース(サイクリング)をあきらめた人々を乗せた大型バス(収容車)がやってきました。運転手さんが「乗りますか?」と声をかけてくれますが、それを断り、あくまで自力帰還を目指します。

        さらにバスを2台ほど見送ると、あたりはすっかり暗くなり、前を行く走者もやっとヘルメットが見える程度です。すると、後方から、うなるようなエンジン音を上げて1台のミニバンが近づいて来ました。投光機のようにヘッドライトでこちらを照らして来ます。私のすぐ前に止まると「これが最後ですよ。自分で行きますか?」と最後通告を突きつけられました。「これ以上、一緒に来たhidetyさんを待たせることはできない。」と思った私は、ついに収容を受諾、翌年以降のリベンジを誓ったのでした。

        なお、この翌日の100kmサイクリングは、太ももの疲労物質と戦いながら、完走できました。初心者は、実力にあったコースを選ばないと、大変ですね。坂の勾配も調べたほうがいいですね。

        写真は、私のロードバイク、チタン製です。おきなわの反省を踏まえ、コンパクトドライブに変更しました。

        自分史上初の朝練

        0
          OKUDONO.jpg
          こんばんは、tsuTtsuです。本日は、自分史上初の朝練を行いました。平日にこんな早く起きたのは、久しぶりです。
          先日の日曜日に走ろうと思っていて、雨で走れなかった人も多いようですが、自分もその一人です。今日は、その代わりに、午前中休みをもらって、じゃんだらエキKスパートを途中まで走ろうと思いました。

          午前7時15分出発、朝練にしては遅いという人もいると思いますが、私の場合、休日でも8時半ごろの出発になってしまうので、早いほうです。

          出発時は肌寒く、ウインドブレーカーがいるかなと思いましたが、着ないで正解、奥殿に着いたら、汗だくでした。なんとか、エキスパートコースの桜形まで行きたいと思いましたが、20ヶ月もブランクがあると、やはりきつい。奥殿陣屋東の登りと家畜改良センターへ向かう登り坂で足がまいってしまいました。

          午後の出勤に間に合わせるため、予定を変更、一色で右に曲がらずに477号を直進、花山小の脇から301号に入り、松平郷で休憩。
          少し時間に余裕がありそうだったので、スポーツコースを逆走して帰りました。

          こんな調子じゃ、29日の試走会、手作り村はきびしいなあ〜。

          12年目の初心者

          0
            アローズブリッジ.JPG
             こんばんは、 いつも、このブログを楽しみにしていた一人ですが、最近新しい人が出なくて少々もの足りないなあと感じていました。それなら、自分が出てしまおうと思い、投稿することにしました。ブロガー6号tsuTtsu(ツッツ)です。
             yottonさんやtoshiくんの隣の部署で仕事をしているので、じゃんだら仕事らしい会話聞こえると気になってしまいます。

             自転車を始めたきっかけは、もう11年も前のことですが、yottonさんがさそってくれたことでした。元々、私は、自分の体で走る派、つまり、ジョギングやマラソン愛好家でしたが、yottonさんが自転車の世界に引き込んでくれました。始めて11年たっていますが、途中何年も乗っていない時期があって、今だに初心者の域を出ていません。

             ロードバイクの魅力は、なんといっても、自分の力で別世界に行けるところですね。車では感じることのできない空気を感じることできます。田園風景や棚田の風景が好きで、初めて行った山道で、のどかに広がる田園風景を見て、このあたりは、もしかして大正時代ぐらいから変わってないのかなと思いをめぐらせます。

             さて、先日16日はじゃんだら輪試走会が中止となり、ちょっと残念でした。私も行く気でいましたので、個人練習を行いました。22ヶ月ぶりにロードバイクに乗って、気持ちよく風を切って走ることができました。
             矢作川の堤防道路では、後ろから爆音とともにオートバイの集団に抜かれ、ちょっとこわかったです。こういう時は、そのままペースを守って、過ぎるのを待つのが一番です。
             水源橋で小休止、伊勢湾岸自動車道のアローズブリッジをゆっくりながめて、奥殿陣屋に向いました。じゃんだら輪当日は、たくさんの自転車が水源橋を渡るため、景色を楽しむのは、ちょっと無理かも・・・

             ひさしぶりのチャレンジでしたので、奥殿で戻ることにしました。29日の練習会は、調子を見て、できれば手作り村に行きたいですね。
            | 1/1PAGES |