スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.09.22 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    聞き捨てならない事件が…(自転車ネタではありませんが)

    0
      ジロデイタリア(モンタルチーノ).JPG
      こんばんは、hidetyです。
       
      イタリアへ家族旅行したことは、前のブログでお知らせしましたが、
      このとき高級ワインの産地でもある「モンタルチーノ」にも1泊しました。
      ここは、写真にあるようにジロデイタリアのコースにもなったことがありますが、
      公共交通機関はバス停が1つという小さな村です。
       
      その村で聞き捨てならない事件が…
      (以下中日wedから引用)
      【ローマ共同】ANSA通信によると、イタリア中部モンタルチーノのワイナリー、カーゼバッセに2日夜から3日朝にかけて何者かが侵入し、高級ワインのブルネッロ・ディ・モンタルチーノが入ったたる10個の栓を開け、6万2600リットルを床にこぼして逃走した。
       たるに寝かせてあった2007〜12年製造のワインがほぼすべて失われた。被害額は500万〜700万ユーロ(約5億4千万〜7億5千万円)と推定されている。
       AP通信によると、06年製の同ワイナリーの製品は高いもので1瓶180ユーロ(約1万9千円)で取引されている。
       警察が犯人や背後関係を捜査中。
       
      そこで飲んだワインは
      一生に1度あるかないかぐらいとてもおいしく
      香り高いもので
      今回の旅行の目的の1つでもあり
      とても思い出深いものでした。
       
      そんなモンタルチーノで
      地球に大量のワインを飲ませてしまうなんて…
      私にとって今年の重大ニュースでした。
       

      モンタルチーノのホテル.JPG
      ちなみにモンタルチーノのホテルには
      こんなものが、
      「電気スタンドがおしゃれです。」

      イタリアで自転車用品を買ってみました。

      0
        フィレンツェの自転車店.JPG
        こんばんは、hidetyです。
        お久しぶりです。
        紅葉情報はyottnさんにおまかせするとして、
        私は23日まで家族とイタリアへ旅行してきました。
        その際、家族とは別行動のフリータイムをつくり
        ホテルをとっているフィレンツェの自転車屋さんへ行きました。
         
        事前にネットで調べたところ
        ミラノにはフィレンツェなどからもお客が訪れる専門店がありましたが、
        フィレンツェでは2件しかヒットしません。
        どとらもホテルから近いので2件とも行ってみることにしました。
         
        まず1件目
        「フローレンス・バイ・バイク」写真のお店です。
        フローレンスとはフィレンツェの別の呼び方です。
        このお店はホテルにレンタサイクルと自転車ツアーのパンフレットが置いてありました。
        店に行く前に家族と一緒にサンマルコ美術館へ行き
        美術の教科書にも載っていた「受胎告知」を鑑賞
        ランチ後、家族と別れて向かいました。
        場所は美術館のあるサンマルコ広場とインデペンデンツァ公園の中間点ぐらい
        サンマルコからは歩いて行けます。
        写真を見るわかるようにお店が閉まっています。
        「えっ、定休日?」とあきらめ2件目のお店へ
         
        2件目のお店は、中央駅の近く、サンタマリア・ノベラの近くです。
        そこまでは歩いて行ける距離でしたので徒歩で向かったところ
        そのお店もシャッターが閉まっています。
        よく見ると午後の営業は15:30〜と書いてあります。
        そうなんです。イタリアでは昼休みが長く、その間店を閉めているのです。
        午後の開店まで30分近くありますので、
        一旦ホテルで昼寝です。(ホテルも中央駅の近く)
         
        そして時間になり来店
        店名「NIDO DELLE VESPE」?
        モーターバイク用品と自転車用品を扱っているようですが、
        自転車用品はウエアが少々、と他もほとんど何も
        早々に「グラッツェ」と言いもう一度 「フローレンス・バイ・バイク」へ
         
        行ってみるとやはり開いていました。
        店の入り口は狭いのですが、
        奥が広い、商品もたくさん置いてあります。
        ガラージ(イタリアでガレージのこと)を改造したような店内には
        用品、ウエア、完成車がたくさん、品揃えは、まる○ち、広さはカ○ーサイクルです。
        そこでジャージ、ビブショーツ、ビブニッカー、手袋、ヘルメットを購入
        合計293€(イタリアではエウロと読みます)
        「ヴァベーネ、カルタデクレディート?」(カードで良いか?)と聞くと
        「チェルト(もちろん)」という返事が、
        しかし精算の時、パスポートを見せろと言うではありませんか。
        私が外国人なので信用できないのかと思っていると
        タックスリファウンドの手続きをすると言うのです。
         
        ※イタリアの商品には通常IVAと呼ばれる付加価値税が10〜20%含まれていますが、EU圏外に居住する旅行者が一度に154.94ユーロ以上の品物を購入した場合、所定の手続きをすればIVA の払い戻しが受けられるシステム
         
        手数料を差し引き33€が戻ってくるみたいです。
        ということは、293-33=260€の買い物です。
        事前にネットで調べた時、このお店は日本の激安ネットショップより少し安いくらい
        たいしたことないなと思っていましたが、こんなしかけが!
        ヘルメットなんか2013モデルですが、100€以下ってことになります。
        良い買い物でした。
         
        お店の人が言うとおり免税の書類に記入し、
        払い戻しを行うカンビオ(両替所)の場所を教えてくれたみたいでしたが、
        その時は理解できませんでした。
        ホテルにもどり、書類とガイドをよく見たら
        ホテルの近くに払い戻しのカンビオがあることがわかったので、
        ホテルで詳しい場所を聞き、払い戻しを
        yenでくれといったら千円札3枚をその場で渡され残りはカードの口座に入るらしい。
        空港の税関でスタンプをもらい、帰国したら専用封筒に入れポストに入れろと説明をうけました。(英語の説明です)
         
        帰りはルフトハンザでしたので、
        税関は、厳しくて有名なドイツです。
        そこも難なくスタンプをもらい帰国の途につきました。
         
        来年、フィレンツェで自転車の世界選手権が開催されます。
        (世界選記念ジャージも売っていました)
        世界選を見学がてらショッピングも良いと思います。
        観光客のいかない専門店では英語は通じないことが多いです。
        イタリア語ができない方、私に声をかけてください。
        なんとか都合をつけて同行したいと思いますのでよろしく!!
         
         

        フィレンツェでの買い物.JPG
        今回購入した品々
        これで260€
        (1€=100円とすると26,000円)

        紅葉の進行ぐあい

        0
          2012かおれ渓谷.jpg
          こんばんは、hidetyです。
           
          今日は、11月1日現在の紅葉の様子をリポートです。
          写真は「じゃんだら」エキスパートコースのエイドにもなった
          「かおれ渓谷」の様子です。
          実はここ、隠れた紅葉の名所なんですよ。
          露店とかは一切ありませんが、
          シーズンになるとカメラマンの方が脚立を立てたりして撮影されています。
           
          愛知県の紅葉の名所と言えばオールジャパンで有名な「香嵐渓」ですが、
          渋滞や人ごみを避けて
          サイクリングがてら「かおれ渓谷」なんてどうでしょう?
          駐車場もエイドになった場所と日近城址にありますが台数が限られているので
          自転車をお勧めします。
           
          「香嵐渓」も大渋滞しますが、
          手前の鞍が池公園に車をデポして
          サイクリングで現地へもお勧めします。
           
          紅葉シーズンは寒くなるので防寒対策もしっかりやってくださいね。 

          2012香嵐渓.jpg
          同じ日の香嵐渓はこんな感じです。
          11月1日から「紅葉まつり」が始まっていますが
          まだまだです。
          露店はいっぱい出てましたよ。

          作手の秋は深まっています。

          0
            20121020手作り村.jpg
            こんばんは、サイクリストのhidetyです。
            「じゃんだら」事務局のみなさんは燃え尽きた感があるようですが、
            私の自転車シーズンはまだまだ続きます。
             
            今日も作手までトレーニングしてきましたが、
            「じゃんだら」前日よりも寒く、
            6:30出発時の気温11℃、アームウォーマーにウインドブレーカー、脚はスポーツバルムイエロー2で出かけましたが、かなり寒いです。
            朝練だけだったら冬ジャージです。
            しかし、日が昇れば夏ジャージで十分、レイヤリングに迷うところです。
             
            写真はつくで手作り村ですが、
            紅葉が始まっています。
            これからの季節、紅葉もサイクリングの楽しみのひとつですね。
             
            今日は「じゃんだら」でも協力いただいたリーフさんのオープンだったので、
            帰りに寄ってみました。
            ガラポンで500円券をもらい普段あまり買わないものをGET!
            お店の雰囲気は、Y’S○○やカミ○ギを小さくしたような感じで
            品数がもっと増えると魅力的になり、真の西三河最大級になるかも。
             
            そのあとは、隣のこどもまつりで「じゃんだら」でもお世話になった安城警察署のブースはへ…。
            ちびっこたちは、警官服を着せてもらって白バイに載って写真を撮ってもらったり、大声コンテストや約束手形を作ったりで楽しそうでした。
            私は警察官ではありませんが、明日はそこにいます。
             

            参加者のみなさん、スタッフのみなさんお疲れさまでした。

            0
              こんばんは、サイクリストのhidetyです。
               
              昨日書いたように私は「つくで手作り村」でスタッフをしていました。
              ブログを見た人は、エイドまで迷わずこれたのではと思っています。
               
              若干の不手際もありましたが、初めての大会なので許してやってください。
              私の知る限りでは落者が数名くらいで大きな事故はなかったと思います。
               
              千万町茅葺屋敷〜巴山の激坂にもみなさん楽しまれたようで
              すがすがしい笑顔を見ることができました。
               
              帰りに市役所宿直の警備員さんに「来年は?」とのと言わせが殺到していると聞きましたが、市が主催で… 私には、わかりません。
               
              しかし、このブログは、しばらく続きますので興味ある方はのぞきにきてください。
              更新は頻繁に行われないですが、

              作手エイド (1).JPG

              作手エイド (2).JPG
              鶴見辰吾さん御一行です。

              作手エイド (2).JPG
              鶴見辰吾さん御一行です。
               

              作手エイド (3).JPG
              鶴見辰吾さん、良い人です。
              このあと参加者のみんなと写真撮りまくりです。

              作手エイド (4).JPG
              芝生なのでみなさんくつろいでいます。

              作手エイド (5).JPG
              私の大先輩も参加されていました。
              お変わりなく元気そうです。

              安田団長現る!!

              0
                安田団長.jpg
                …と言っても「じゃんだら」ではありません。
                 
                本日開催の第1回モリコロパークサイクルフェスティバルにです。
                かとちゃんさんとFK2さんと私hidetyで3人でチームを組んで3時間エンデューロに参加してきました。
                団長に「写真良いですか?」と聞くとピースサインまでしてくれました。良い人です。参加者にみなさんにも大人気でした。
                「じゃんだら」のあのゲストはどうなんでしょうかねえ?
                 
                結果はかとちゃんさんが詳しくレポートしてくれますので
                私の走りの分析です。
                GARMINのボタンを押し間違え(ここからなってない!)2週目の記録がありませんが、
                1、2周めのスピード、心拍とも上がっていない!
                これはライダー交代のため列車から遠くなってしまったため、ペースがつかめなかったからか?
                もっと最初から全開で行ってもよかったのでは?
                3周めからはスピード、心拍とも上がって他の人と先頭交代しながら1時間で7周してかとちゃんさんにチェンジ。
                 
                結果は、チーム3名の部で4位!!表彰は3位までなので表彰台は逃しました。
                第1走者FK2さんが第1集団でがんばってくれたおかげに感謝です。
                かとちゃんさんはとても悔しがっていましたが、
                まだ若い彼がここで表彰されてしまっては、天狗になってしまって伸びないといけません。
                「まだまだ修行が足らないゾ!!俺の背中を見て俺を乗り越えろ!」なんてね。
                でも、着実に後輩が育ってきています。

                巴山峠です。

                0
                  巴山.jpg
                  こんにちは、サイクリストのhidetyです。
                   
                  3連休いかがお過ごしでしょうか?
                   
                  私は、昨日、今日と作手へトレーニング(サイクリング)
                   
                  これは、「じゃんだら」コースにもなっている通称”巴山(白髭神社)”で、写真は作手へ向かっているところで、下りきった突き当りを右折で道の駅方面へ行きます。
                   
                  私のトレ−ニングコースは作手→巴山なんですが、ここで数回”鹿”を見かけています。たいがい親子で道を横切っていきます。動物注意の看板はありませんが、「じゃんだら」当日は巴山→作手の下りです。鹿が出てきてもよけられるよう注意しながら走行しましょう。
                   
                  以前、yottonさんがサイクリング中のBGMのことを書いていましたよね。
                  もちろん実際に聞きながらではなく、頭の中でグルグル回っているのですが、
                  私の場合、洋楽が好きだったので、クイーンのBICYCLE RACEかディープパープルのHIGHWAY STAR、エンデューロのゴールなんかWE ARE THE CHAMPIONです。歳がばれますよね。
                  でも最近は、西野カナのGO FOR IT!やカーリーレイジェプセンのCALL ME MAYBEなんかが、グルグル回っているので昨日CD買っちゃいましたよ。
                   

                  マナーの良いサイクリストは、かっこ良いぞ。

                  0
                    こんにちは、サイクリストのhidetyです。
                     
                    さすが、yottonさん、事務局なので良いこと書きますね。
                     
                    私の各種グランフォンドの経験からも、
                    多くのサイクリングイベントでは、交通規制をしていません。
                    「じゃんだら」もサイクリング大会なので交通規制をしていません。
                    規制をしていないということは、歩行者、自転車、車もルールを守らなければ、
                    事故が起こる可能性があるということです。
                     
                    過去にツールド三河湖でも住民の方や警察から大会事務局に
                    参加者のマナーの悪さを指摘され、大会を縮小したとも聞いています。
                     
                    参加者のみなさんは、ゼッケンを付けますよね。
                    (ゼッケンを付けた人のみエイドで補給をうけることができる)
                    地域住民の方から「ゼッケン○○番が信号無視をした。」とか「路上にゴミを捨てた」とか通報される可能性が十分あると思います。
                     
                    私は事務局でありませんので、断言できませんが、
                    あまりに悪質な場合、名前を公表せざるを得ないこともありえます。
                     
                    また、「じゃんだら」コース場には下り区間が数箇所あり、スピードの出しすぎに注意しましょう。実際に試走で落車も発生しています。
                    Safety First(安全第一)です。
                     
                    参加者の皆さん、
                    事故を起こさないことは当たり前ですが、
                    ルールとマナーを守って楽しい大会にしましょう。
                     

                    議長賞(小学校).JPG
                    24年交通安全ポスター展議長賞 日紫喜 茉子さんの作品です。

                    準備は万端ですか?

                    0
                      こんばんは、自転車マニアのhidetyです。
                       
                      昨日のブログはまともすぎて?つまらないとの声もありましたが…
                      じゃんだら本番まで2週間を切りましたが、みなさん準備は万端ですか?
                       
                      このブログで各部の洗車をしろ、点検をしろ、チェーンを替えろとか、バーテープを替えろとか言ってますが、そんなことしなくても自転車は走ります。
                       
                      ただ汚い自転車はかっこ悪いし、(ロードバイクはかっこ良いもの)メカトラブルで走れなくなったり、落車したりする場合もあります。
                       
                      プロチームであれば、メカニックカーが駆けつけたり、チームメイトが助けてくれたりしますが、グランフォンドという大会はチ−ムで参加していれば助け合うこともできますが(私の主観ですが)基本トラブルは自己責任です。
                       
                      また、この大会では要所要所にスタッフを配置し、道案内をしますが、道に迷うこともないわけではありません。GPSを使わない人は事前にルートラボで地図を確認しておくことをお勧めすます。山中で携帯が通じない場合もありますので迷ったら自己責任で帰るほかありません。私がグランフォンドに参加する時は、GPSも使いますが、ルートラボの地図をプリントしてツーリングマップルを参考に国道、県道癲∧岐点の地名、目標物を記入して持って走るようにしています。
                       
                      特にエキスパートコースに参加するみなさん、準備万端でお願いします。
                       
                      準備と言えば、ギアの選択も迷うところです。通常ロードはフロントアウター52T(力のある人は53T)、インナー39T(昔は42Tが主流でした。)リア12T-25T、平地なら11T-23Tですが、じゃんだらエキスパートコースは、合計上昇量1,341Mですので、愛三の選手ならフロント52T&39T、リア12T-25Tで21Tまで使用でしょうが、一般人ならリア27Tにするか、フロントをコンパクト50T&34T、リア12T-25Tってところです。ただ、「じゃんだら」では、R301の下り区間が長いので、フロント52Tが欲しいです。まあ、下りは踏まない人には関係ないですが。
                       
                      私の場合、グランフォンドに参加するようになってから、フロント52T&36T、リア12T-25Tにしています。いわゆるレーシングコンパクトってやつですが、シマノ、カンパではフロント52T&36Tはありませんのでサードパーティものを使用しています。このギア比でGF吉野もGF京都も完走させてもらいました。ただし吉野は急坂が多く34Tが欲しくなりました。サードパーティものは、変速性能が落ちますが私のレベルでは関係ありません。2013モデルからフロント52T&36Tがシマノ、カンパでも発売されるそうですので、山岳グランフォンドに参加する方はぜひお試しください。
                       
                      いまさらギアの変更はお勧めできませんし、在庫がない場合、注文しても「じゃんだら」に間に合わないと思います。あくまで参考としてください。ゆっくり登れば大丈夫です。
                       
                      あとは、涼しくなったきたので「風邪をひかないこと」でしょうかねえ。
                       
                       

                      チェーンリング.JPG

                      フロント52T&39T→50T&34Tの変更はPCD(ねじ穴の間隔)が違うのでクランクを替えなければできません。(コンパクト(PCD110)で52T&39Tがサードパーティであります)
                      また、シマノ、カンパともコンパクトドライブはPCD110ですが、カンパの穴が1つだけPCDが違うので互換性がありません。よく確かめてから買うようにしましょう。

                      本日の収穫

                      0
                        くり.JPG
                         こんばんは、hidetyです
                         現在、台風が愛知県に上陸、風と雨がびゅーびゅーで、安城市では避難所が設置され自主避難されている方もいらっしゃいます大きな被害がないことを祈っています
                         
                         本日、昨日の筋肉痛をほくすべくロード練に出掛けました午前中は降らない予報でしたので、お昼には帰るようにコースを設定し、朝練用バイクで出掛けましたやはり途中にわか雨に振られましたが汗のほうが多いくらいですみました。
                         
                         コース上でこの時期のサイクリングの楽しみのひとつでもあります栗をGET!!ただし、じゃんだらのコース上ではありませんが、大きくありませんか?山栗ではありません近くに栗の木はなかったので、おそらく坂の上から転がってきたものです間違ってもよそ様の畑から盗んだものではありませんじゃんだらコーズコースにも栗の木はありますが、参加者のみなさん、絶対に盗まないでくださいドロボーになりますよただし、道路上に落ちてしまっているのは、踏むと落車の危険性もあるのでそっと拾いましょうゆで栗なら一晩塩水につけてから茹でると甘くなりますよ
                         
                         そして、帰宅し昼食には赤味噌の味噌汁!!枡塚味噌はじゃんだらコース上にあります私の子どものころは、CMもやっていて、
                        「♪じゅんじゅん純豆、枡塚みそは、〜♪」って歌も記憶しています
                        原料は安城の大豆も使われているらしいですし、私が担当のころのマラソン大会のトン汁にもここの味噌を使っていましたじゃんだらのトン汁はどうかわかりませんが…
                        また、赤味噌は他の味噌よりアミノ酸が多いらしくサイクリストに最適、サイクリング後の水分&塩分の補給にもなります
                         
                         そんなわけで我が家は赤味噌ですが、みなさんのご家庭ではどうでしょうか
                         (本当は鍋で作るともっと美味しいんですけど)

                        みそしる.JPG
                        | 1/2PAGES | >>